トップトピックス

トピックス

2月15日 ディープラーニングの概要と最近の動向

2019年2月15日、新潟県工業技術総合研究所の大野様から、人工知能(AI)の学習の1技術であるディープラーニングについてご説明いただきました。長岡市では2月22日に「長岡AIイノベーションハブ」というAI勉強会を立ち上げるのですが、大野様はその際も事例紹介をします。公式勉強会より前にその内容を知ることができ、優越感がありました。
small1.jpg
Caffe、Tensorflow、NNC、YOLOといったツールについての説明がありました。Caffeは設定ファイルの書き方が面倒で、よそから持ってきて必要な所だけを書き換える方が簡単とのことでした。YOLOはアノテーションというデータを作る作業が非常に手間ですが、1つの画像(静止画だけでなく動画からも)から複数の物体を検出できるのが魅力的です。ソースコードを「make」コマンド一発で実行形式に翻訳できるのも簡単でいいですね。
small2.jpg
ディープラーニングをやるにはOSはUbuntu、言語はPythonを推奨していました。ですが、実際に業務で使うときは性能が問題になるため、逐次実行型でなく一括変換型の言語の方が良いということでした。YOLOはC言語で書かれているため、歳のいった技術者でもわかりやすいという話で盛り上がりました。
 
以上

1月28日 仮想通貨とブロックチェーン

2019年1月28日、レオンハルトジャパン合同会社代表の風間様をお招きし、仮想通貨(暗号資産)とブロックチェーンについて語っていただきました。風間様は仮想通貨IOTA、Streamr DATAcoinのコントリビューション(日本語への翻訳や普及への貢献)を行った経験から、仮想通貨、ブロックチェーンのいいところ、だめなところもお話ししてくださいました。
 
small.jpg
 
有名なサトシ・ナカモトの論文は10年前に発表されていますが、今からブロックチェーン技術の研究に着手しても、新しい技術がどんどん生まれてきているため遅すぎるということはまったくありません。新潟県ではブロックチェーンを使った独自システムはまだないようですが、第四銀行、北越銀行は「Hyperledger Fabric」というブロックチェーンのフレームワークの検証を行っています。
 
コインチェックのNEM漏洩事件以降、仮想通貨の価格は右肩下がりが続いています。しかし、開発プロジェクトは、価格の下落をまったく気にしていないそうです。それは、価値が下落しているわけではなく、彼らはお金のために活動しているためではないからです。やりたいことをやるのが、中央集権と真逆の分権の文化ということのようです。
 
以上

12月18日 青年部による仕事・道具へのこだわり発表

2018年12月18日、当組合の若い人たちのアイデアによる仕事・道具へのこだわりの発表がありました。
 
【石堀さん】
・キーボードへのこだわり
・メカニカル、メンブレン
・静電容量無接点式、光学式
・HHK(Happy Hacking Keyboard)はPFUの商品だが、製造は東プレ
・軸の種類。リニア、タクタイル、クリッキー
・キーの配列を自分好みにカスタマイズすると、生産性が高まる
1_ishibori.jpg
1_keyboard.jpg
 
【片山さん】
・スマートスピーカー(Amazon Echo, Google Home)を1年使ってみた
・Google Homeは話した人を認識してくれる。自分のスケジュールが人にバレない
・Google Homeの方が洗練されている(受け答えが良い)
・一番活用しているのはキッチンタイマー
・LINEメッセージを送るのに声で送れる
・すぐ天気がわかるのがいい
2_katayama.jpg
 
【田中さん】
・テレワークを社員5人全員で導入した話
・IP電話をDialpadに変えた
・社内のやりとりはメールを禁止しSlackにした
・コアタイムのときは全員ビデオミーティングに接続する
・プロ管はmonday
・勤怠はJimjer
3_tanaka.jpg
 
【竹山さん】
・競走馬ファンド
・馬主になるには資格が必要
・個人馬主ではなく一口馬主ならいける。馬(ファンド)に出資
・ミーティアトレイルに投資。1勝した
・まだ全然投資額を回収できていない。夢はダービーオーナー
4_takeyama.jpg
 
【木花さん】
・作曲、DJをやっている
・DJ用ソフト。画面が左右に分かれている
・2つの曲をつなぐために左右を使う
・曲を停めないで次の曲をかけてつなぐのがDJの仕事
・つないだら、先の方を徐々に音を小さくする
・デモに使った機械は3万円くらい。以前は数十万円した
5_kihana.jpg
5_dj.jpg
 
【武内さん】
・紙の手帳の話、アナログが好き
・スマホより使うのが速い
・画面がスマホより広い
・超整理手帳が好き、8週間分を広げられる
・超整理手帳は一橋大学の野口悠紀雄氏が作ったらしい
6_takeuchi.jpg
 
青年部は正式には来年の春に行われる総会で諮ったうえでの設立となります。
ぜひ組合に新風を吹き込んでくれるよう年寄りは期待しております!
 
以上

このページの
先頭へ