トップトピックス

トピックス

6月25日 RPA、AI-OCRについて

6月25日、「RPA、AI-OCRについて」をテーマに用いたオンラインとオフラインを併用した例会を開催しました。

デジプロ研 太田さん 「RPAと長岡RPA勉強会」

RPAとは、ロボットによる作業自動化生産性向上・人手不足解消・標準化などを行うため、PC内の作業を自動化するソフトウェアのことをいうとのことです。どんなソフトウェアでもRPAで連携できるため、カスタマイズできないアプリケーションも自動化できるメリットがあるとのことでした。

イノベーション推進課 加藤様 「長岡市のICT化 ~RPA,AI-OCRを中心に~」

長岡市役所のICT化、スマート自治体への転換、長岡市がすすめる新しい米百俵などについてお話しいただきました。

ながおか会計 市村さん 「経理業務・基幹システムとの仕訳連動」

経理業務にRPAを導入し、今まで手作業が多く経営分析資料がでるまで時間がかかっていたものを効率化したとのことでした。部門ごとに経理処理することができ、細かく分析ができるようになったとのことです。

カタコム 片山さん 「RPAソフトウェア BizRobo!miniのデモ」

WordPressでの商品登録などの自動化を実演していただきました。クリックなどを自動でやってくれるのでAPIがないようなアプリケーションでも人間が操作するようなことは自動化が可能になるようです。

タクミコーポレーション 高石さん 「プログラマ目線のRPA」

RPAが操作しやすいソフトウェア作り、プログラミングのハードルなどについて、プログラマ目線でのRPAについてお話をしていただきました。

5月22日 まちキャンとオンラインでの総会

2020年5月22日、当組合の年に一度の総会を会場とオンラインとをつないで行いました。今年は役員改選がありませんので、昨年と同様の役員となります。コロナ禍の状況ではありますが、組合員の協力のおかげもあり、前期もなんとかオンライン例会などを駆使して毎月例会を実施することができました。今年度は昨年度以上に共同受注などを活発に行い、ITを使った社会課題の解決を担っていきます。

4月24日 IT事業者のための債権法改正リモートセミナー

4月24日、「IT事業者のための債権法改正」をテーマにzoomを用いたリモートセミナーを開催しました。

講師として弁護士で虎ノ門カレッジ法律事務所の半澤先生と福原先生とをリモートでつなぎ、ご講演いただきました。

2020年4月1日から施行された法改正によって、請負契約において受託者が不利になるのではないか?などという疑問点を実際の対策例などとともにわかりやすくご説明いただきました。

法律でいくつかの変更はなされたものの、任意の契約によって受託者のみが不利にならないようにできる事が多いとのことです。こういった法律やその対策を知らなかった場合、後で不利な立場になる場合があるので法律の内容を少し頭に入れたうえで、委託者と協議し契約を取り交わすことの重要さを改めて考えさせられました。

今回、リモートでセミナーを開催しましたが、特別わかりずらかったりということはなく、快適に参加できたと思います。

例会の後には、引き続きリモートで懇親会を開催しました。

このページの
先頭へ