トップトピックス3月19日 MRを体験

3月19日 MRを体験

2018年3月19日、株式会社ホロラボの中村CEOに「MR」についてお話しいただきました。MRはMixed Realityのことで、複合現実のことです。現実世界と仮想世界を融合する技術のことで、リアルタイムに実写映像中にリアルなコンピュータグラフィックを混ぜ込みます。

受講の様子

ホロラボはマイクロソフトの「ホロレンズ」の活用に特化しています。ホロレンズはマイクロソフトの機械で、頭にかぶって画像を見ます。重さは500gほどで、慣れれば頭・首が疲れることはありません。部屋に、現実にはない物を置いたりできるので、不動産・建築分野での活用事例が増えています。

ホロレンズをつける理事長

新潟県でのホロレンズの先進導入事例としては、小柳建設が挙げられます。小柳建設は、建設業における計画・工事・検査の効率化およびアフターメンテナンスの追跡性(トレーサビリティといいます)を可視化するコンセプトモデルを開発したとしており、将来的な実用化に向けて取り組んでいるそうです。ユーチューブに、小柳建設の取り組みが動画で上がっていますので、興味のある方は検索してみてください。

ホロレンズは33万円(開発者向け価格)とまだ少し高く、パワーも一般的なパソコンよりも劣ります。しかしハードの大容量化、高速化、コンパクト化は日々進化しているので、一般の方々の手元に届くのはもうあと少しです。

(敬称、略)

 

 

このページの
先頭へ