トップトピックス

トピックス

4月17日 高田出張セミナー

2018年4月17日、上越市高田でセミナーを受けてきました。本来は高田公園の桜を楽しむ会だったのですが、例年より桜が早く散ってしまったためセミナーに切り替えました。

株式会社スペースインスペクターの代表取締役 夏目様から、ドローンでの測量についてお話いただきました。空撮はどこもやっているので、三次元計測と構造物点検を主業務にしているとのことでした。ある中国企業製のドローンは、飛行データを中国に送っている疑いがあるそうです。本当にそうなら、日本の建機最大手が、その中国企業の提携先からドローンを1000機購入したというニュースがありましたが、大丈夫なのでしょうか...

1_ドローン.jpg

株式会社JMiXの松本様から、2つの製品について紹介がありました。
・画像共有システム「Smiss」は、スマホで撮った静止画・動画をリアルタイムに遠隔地と共有できます。スマホ側に画像データが残らず、すべてクラウドに格納されます。保守点検などに活用できます。
・デジタルサイネージ用のソリューション「MoniConductor」は、動画データをLANを介して取得してHDMI出力できる機械です。HDMIケーブルは長くなればなるほど信号が減衰します。LANなら数十メートルは余裕です。工場での生産数表示にも応用できますね。

2_モニコンダクタ.jpg

セミナー後は住宅街にある一軒家のような看板もないお店でおいしいお酒と料理を楽しみました。

3_懇親会場.jpg

4_歓談中.jpg

最後は、今回の高田例会の運営に尽力してくれたJMiX丸田社長が1、2、3、ダー!で締めてくれました。

5_123ダー.jpg

3月31日 かも川本館でマナー研修

2018年3月31日、長岡市では有名な割烹、かも川本館でマナー研修を行いました。

女将から、会食の際に必要なマナーについて教えていただきました。

会場にはビデオの用意もしてあって、だめな例、いい例を見ることができました。

女将と長岡IT組合

かも川では礼の仕方を三種類使い分けているとのことでした。さすが、徹底しています。

礼は三種類を使い分けている

蕎麦が出たので、音を立てずに食べるべきなのか聞いてみました。

音を立ててすすってもいいそうです。安心して食べられました。

3月19日 MRを体験

2018年3月19日、株式会社ホロラボの中村CEOに「MR」についてお話しいただきました。MRはMixed Realityのことで、複合現実のことです。現実世界と仮想世界を融合する技術のことで、リアルタイムに実写映像中にリアルなコンピュータグラフィックを混ぜ込みます。

受講の様子

ホロラボはマイクロソフトの「ホロレンズ」の活用に特化しています。ホロレンズはマイクロソフトの機械で、頭にかぶって画像を見ます。重さは500gほどで、慣れれば頭・首が疲れることはありません。部屋に、現実にはない物を置いたりできるので、不動産・建築分野での活用事例が増えています。

ホロレンズをつける理事長

新潟県でのホロレンズの先進導入事例としては、小柳建設が挙げられます。小柳建設は、建設業における計画・工事・検査の効率化およびアフターメンテナンスの追跡性(トレーサビリティといいます)を可視化するコンセプトモデルを開発したとしており、将来的な実用化に向けて取り組んでいるそうです。ユーチューブに、小柳建設の取り組みが動画で上がっていますので、興味のある方は検索してみてください。

ホロレンズは33万円(開発者向け価格)とまだ少し高く、パワーも一般的なパソコンよりも劣ります。しかしハードの大容量化、高速化、コンパクト化は日々進化しているので、一般の方々の手元に届くのはもうあと少しです。

(敬称、略)

 

 

このページの
先頭へ